サイバー防御のエコノミクスについて理解する

サイバー攻撃の防御においては、投資のタイミングや投資先、投資額を判断することが課題です。 このツールは、ジュニパーネットワークスが作成し、ランド研究所が開発したフレームワークの指針の一部を解釈しています。この目的は、組織が管理できる主要な領域において考慮すべき様々な手段を見出す新たな手法を提供することで、組織がサイバーセキュリティに関連する潜在的なコストを削減することにあります。 ランド研究所のモデルは、主に経費が費やされる4つの領域(ツール、従業員教育、BYOD、IoTポリシー、ネットワーク隔離技術)のバランスをどのように取るのかを提案し、投資におけるリスク管理の回収に影響を与える様々な変数を分析します。

それでは、始めましょう。

1

御社の従業員数は何名ですか?

2

以下の質問に対する回答により、御社の情報の価値を判断することが容易になります。

いいえ
はい
いいえ
はい
いいえ
はい
いいえ
はい
3

御社のセキュリティ部門の取り組みを理解するために、お答えください。

¥
.00
4

組織の内外から御社の企業情報にどの程度アクセスできるか教えてください。 御社における重大な情報 (例:顧客記録、財務記録など)へのアクセスについて、以下からご回答ください:

結果:

以下に示されている数値(%)は、2025年までに、4つの領域において御社の総売上の割合として想定される投資水準を表しています。これらの数値は、前ページで回答された御社の年間売上における割合を示しているため、合計値は100%になりません。

表示された結果にゼロが含まれる、あるいは全てゼロになることもあります。もし、そのような結果が出た場合、ゼロという数値は、御社の基本的な取り組みが御社の業務や規模の観点から考慮して十分であることを示唆しています。

教育: 従業員教育を増やすことにより、偶発事故および漏えいのリスクを軽減できます。
0%
ツール: セキュリティ関連ツールおよびテクノロジーの活用により、ハッカーによるネットワークへの侵入を防ぐことができます。
0%
BYODポリシーおよびIoT: デバイス接続の方針を制限したり、アクセス管理を強化したりすることでリスクを軽減できます。
0%
エアギャップ: ネットワーク隔離(エアギャップ)は、ネットワーク侵害を防止するために大きな効果があります。
0%

自分のメールアドレス宛てに結果を送信

Success
ジュニパーネットワークスは、プライバシーポリシー に従い、個人情報を保護しています。